ちびっこが情念を出した結果思う行い

最近、小学校の子供達が立て続けに高熱を出しました。毎年5月頃にはそんな感じで高熱を出すので(せきや鼻水などは何ら無く、ただ高熱が出るだけ)、やっぱ新学年に上がりタイプ替えもし、毎日面白くスクールに行っているものの、子供達なりに目新しい環境にムシャクシャを感じているのかな~と思います。それでなくても子どもは高熱を出し易いので、何時になったら尚更身体が丈夫になってくれるかな…と思っています。それでなくても子供達が流感をひくと、ことごとく彼氏にうつってしまうので(笑)。それにしてもこれはなんでだろう?と不思議に思います。彼氏は動作もして鍛えているのに、身体がない。子供達からの疾患はとにかくといって好ましいほどうつってしまうので、しょっちゅう所帯の看病が大変です。それでもまぁ周りの友達の話を聞くと、どこもそんな感じらしいです。男性が体力的にないというより、女性が丈夫なのかもしれませんね。それはやっぱ、女性は子どもを産み育てるという仕事があるからなのかもしれません。医療脱毛は横浜に口コミで評判のクリニックがあります

不貞をしたい方は主人をつくらず結婚式しないのがいいのかも

ボクには果てしなく、不思議に思う事があります。
男女のお社交をしていても婚礼をしていても、ぐっすりアバンチュール野望を持った人様っていますよね。
そんなあなたはなんで、亭主を作ったり、婚礼したりするのだろうかと思ってしまいます。
アバンチュールをすると誰かが悲しむことになったり、延々ともめ事も勃発しますし、どうしても、自分にとって不利なことも何かと起こりますよね。
アバンチュール野望がある人様は、亭主をつくらず、婚礼もしなければ、誰も傷つく人様がいないし、自分に災禍がふりかかることもありません。
そんな簡単な業者なのに、なぜ、亭主がいても妻やだんなちゃんがいてアバンチュールに走るのかボクにはわかりません。
アバンチュールをしている人様はアバンチュール野望があるからというわけではないのかもしれないなあとなんとなく思いました。
実情逃避のためにしている人様がそこそこ多いのかもしれません。
本当は婚礼日々でうまくいってないとか亭主に不満があるからとかで知らず知らずに実情逃避をした結果がアバンチュールなのかもしれません。
では、実情逃避をやめて現在目の前にある視点をクリアーしようとすれば、アバンチュールも減るのかもしれないですね。m字ハゲ用の育毛剤を使いましょう

お子さんがエモーションを出した結果思う場合

この間、小学校の子供達が立て続けに気力を出しました。年々5月頃にはそんな感じで気力を出すので(せきや鼻水などはなんにも無く、ただ気力が出るだけ)、断然新学年に上がり階級替えもし、デイリー面白く学院に行っているものの、子供達なりに新しい環境に圧力を感じているのかな~と思います。それでなくても息子は気力を出し易いので、何時になったら一段とボディが丈夫になってくれるかな…と思っています。それでなくても子供達が感冒をひくと、必ず亭主にうつってしまうので(笑)。それにしてもこれはなぜだろう?と不思議に思います。亭主はスポーツもして鍛えているのに、ボディが情けない。子供達からの病気はしっかりといって良いほどうつってしまうので、たえず親子の看病が大変です。けれどもまぁ周りの友達の話を聞くと、どこもそんな感じらしいです。男性が体力的にないというより、女性が丈夫なのかもしれませんね。それは必ず、女性は息子を産み育てるという仕事があるからなのかもしれません。首ニキビは治療する必要はありません

結婚=女性の幸せとは限らない!

最近FacebookやLINE等のSNSを見ていると、友人の結婚の報告が多くて微笑ましいです。職場の先輩からも結婚式に呼ばれ、来月出席するので楽しみにしています。

ぶっちゃけたところ、羨ましいし、憧れます。私と同様にパートナーがいないアラサー女子は合コンや婚活パーティーに参加したり、相席居酒屋に行ったりと、彼氏作りに力を入れてる子が多いです。

私にも誘いはきますが乗り気じゃないのでほとんど断ります。相席居酒屋は女の子は無料だからまだいいとして、合コンや婚活パーティーにお金を出したからといって良い出会いがあるとは限らないと考えるからです。

だったら海外旅行をしたり習い事をしたりと、独身時代にしかできない自己投資をする方が絶対後悔しないと言い切れます。ぼっちですが、自分が非リア充だとは全く思いませんし、既婚の友人から度々羨ましがられます。stockfoto_16097546_XS

職場の男性陣からは「結婚する気あるの?」、「乗り遅れちゃうよ?」だとか言われますが、正直余計なお世話です。アラサーになったら結婚しなければならないなんて法律ないのに、日本ではそれがあたかも当たり前のようになっているからおかしいと思う。

自分の人生を思いっきり楽しんで、本当に心から愛する人に出会えてから結婚してもいいじゃない!
だからアラサー女子よ、落ち込む必要はない、自分の人生をめいっぱい楽しもうじゃないか!そんなエールを贈りたいです。